• 学校紹介
  • 北九州YMCA日本語学校(全日制)
  • 留学生活
  • 進路
  • 出願方法
  • 卒業アルバム


  • 長期・短期研修
  • プライベートレッスン
  • 生活日本語
  • お問い合わせ


  • 日語学校 [中文]
  • 일본어학교 [한국어]
  • 日語学校 [ベトナム]
  • 日語学校 [モンゴル]
  • 日語学校 [台湾]
  • 日語学校 [英語]
新着情報
フォトライブラリー
YMCA紹介
ボランティアリーダー募集中
ユースボランティアリーダー養成募金のお願い
北九州YMCAキャリアサポートセンター 外国人留学生のための人材紹介サービス
日本YMCA
日本語学校(日本語)

学校紹介

校長ご挨拶

ようこそ北九州YMCA学院へ!

本校は中国、韓国、ベトナム、タイ、モンゴル、アメリカなど様々な国から学生が集まって勉強しています。日本語を習得し、世界で活躍する人材、世界の平和を実現させる人材の輩出を目指しています。北九州市は、海と山があり、風光明媚な都市です。豊かな自然と、都市が共存している最高の場所に北九州YMCAがあります。一生懸命に勉強し、疲れたらゆっくり海風の中で休んでください。励ましあえる仲間にもきっと出会えるでしょう。 小川校長
校長 小川健一郎

私は小学生のとき、東京の上野動物園で長い列に並んで、中国から贈られたパンダ「ランラン」と「カンカン」を見に行きました。パンダはとても可愛く、みんな大歓声をあげていました。私は、中国には竹林がたくさんあり、パンダがたくさんいると信じていました。実際の中国は違います。これは私の子どものときの話ですが、今でも外国のことを正確に知っている人は多くありません。留学とは、外国で生活をし、言葉、文化、生活、専門技術を習得する素晴らしい機会です。

留学すると「違い」を体験します。例えば、ゴミについて考えてみましょう。日本でゴミを捨てる場合には費用がかかります。あなたの国では、費用がかかりますか?YMCAのある北九州市では、「家庭ごみ」「プラスチック」「びん・かん」「ペットボトル」に分けてゴミを出します。ゴミは、決められたゴミ袋(1枚 約30円)を購入してその中に入れます。もしテレビや冷蔵庫などの家電製品を捨てる場合には、1個につき日本円で4,000円程度支払って捨てます。現在の日本では、モノを購入するときも、捨てるときにもお金がかかります。なぜゴミを捨てるのにお金がかかるのでしょうか?使えるものは分解してリサイクルし、使えないものは焼却等して処分する費用が必要だからです。

日本は魅力的な留学先です。理由は、日本は少子高齢化が進んでおり、国をあげて外国人留学生の受け入れ促進を行っているからです。残念ながら日本では出生率が低く、日本の若い人が少なくなり、日本企業は人材不足で困っています。国は、奨学金の拡充、海外での留学生募集フェアを行ってきましたが、現在は、留学生が日本企業で就職するための就職支援も始めました。みなさんが今まで勉強したこと、日本で学んだことの両方を活かして活躍して欲しいと願っています。

北九州YMCA学院は、第一に日本語教育、第二に日本での生活支援、第三に進路相談に力点を置いています。日本語教育では、主に大学進学に必要な日本語力を習得することが目標です。生活支援では、住居、病気、アルバイト等の相談に乗り、日本での生活を楽しんでもらうことが目標です。最後の進路相談では、大学や大学院への進学指導及び相談、また将来日本で就職を希望している人への指導も行い、進路を確実に決めていくことが目標です。

日本は1945年以降、経済的に困難な時期がありました。食料も少なく、いつか豊かな生活をしたいとみんな考えました。日本人はアメリカやヨーロッパに留学して先進的な技術や知識を習得しました。当時、自動車も電気機器もみんなアメリカの製品を真似してつくりました。徐々に日本独自で新製品を作ることができるようになり、現在では世界の最先端の製品を作り出しています。みなさんは、日本留学で、経済発展した日本の最先端の技術や知識、それと日本がどうして発展してきたかという過去の経験を学ぶこととができます。

室町時代の能役者である世阿弥の『風姿花伝』に「守破離」という言葉があります。物事を学び始めてから、独り立ちしていくまでの三つの段階を表した言葉です。最初は教えを忠実に守り、次に自分なりの発展を試み、最後には型を離れて独自の世界を創り出していく。この順序は、学ぶときの基本です。基本を忘れずに一生懸命に勉強して、自分の夢を実現させてください。

校長 小川健一郎

教育理念

YMCAは世界的な団体で、世界平和の実現を願っています。平和の実現のためには国境を越えた信頼関係の構築が重要です。国が異なると言葉が違い、意思疎通が十分出来ないために誤解が生じることがあります。外国人が来日して日本語を学ぶということは、日本語を習得し、日本の文化を直接知るということです。多くの人が本校で学び、世界各地で平和の使者となることを願っています。

各種学校北九州YMCA学院では、
①日本の大学・大学院に進学するために十分な日本語を習得すること、
②ビジネスで使える日本語を習得すること、
③日本での生活に困らない日本語力を習得することを目的としています。
教師、地域の人々からの指導と支援によって一人一人の学生が充実した留学生活を送り、希望の進路に進むことを目指しています。

沿革

1908年/門司YMCA創立
1935年/YMCA信愛保育園開設
1948年/小倉YMCA創立
1963年/北九州YMCA創立(門司YMCAと小倉YMCAが合同)
1964年/青少年対象のキャンプ開始
1965年/英語教育開始
1967年/学童保育クラブ発足
1971年/学校法人北九州YMCA学園発足(幼稚園、専門学校、予備校)
       少年ラグビー教室開始
1972年/少年サッカー教室開始
1990年/日本語学校開設 
2002年/日本語教師養成科開設 
2004年/専門学校北九州YMCA学院 理工系日本語科開設
2014年/各種学校北九州YMCA学院開設
(北九州YMCA日本語学校と専門学校北九州YMCA学院が統合)

施設紹介

ページトップ