新着情報
フォトライブラリー
YMCA紹介
ボランティアリーダー募集中
ユースボランティアリーダー養成募金のお願い
北九州YMCAキャリアサポートセンター 外国人留学生のための人材紹介サービス
日本YMCA
キッズプログラム

発達障がい児サポートプログラム

2017年度 子どもプログラム(発達障がい児サポート/体操・SST)

北九州YMCAでは、発達障がい(LD・ADHD・アスペルガー症候群)など個別の支援を必要とする子どもを対象に、社会生活力の向上を目指したプログラムを行っています。運動やゲーム、体験活動を通して、一人ひとりが持っている個性や人格を尊重し、伸び伸び、イキイキと生活できるようサポートしていきます。

YMCAの願い

★自分のいのちとみんなのいのちを大切にすること。
★家族、地域のひとりとして責任があること。
★世界と地球を見つめ、考え、行動すること。
★ボランティア精神とリーダーシップを身に付けること。
★すこやかな心と身体を育むこと。

プログラム紹介

プログラム項目★クリックした項目にジャンプします★
★体操クラス
★ソーシャルスキルトレーニング(SST)クラス
★きらぴかキャンプ

体操クラス

幼児クラス

  • マット、跳び箱、平均台などを使ったサーキット運動で基礎的な身体の使い方を身に付け、順番や整列なども練習します。
  • 年間を通してマラソン(走るプログラム)を行い、持久力をつけます。
  • 就学に向けて机上プログラムも行い、門司や数字、運筆の練習など手先の巧緻性を高め、ルール性も身につけます。
クラス名 対象 曜日 時間 活動時間 分納月額
(税込)
きらぴかA 年少~年長 16:00~17:00 60分 5,700円

小学生クラス

  • 小学校で行われる種目(マット、鉄棒、跳箱、縄跳び、マラソン)を中心に練習を行います。体力・集中力・バランス感覚を身につけ、基本技の習得を目指します。
  • 体育ゲームも取り入れ、ルールや感情のコントロールを学びます。
クラス名 対象 曜日 時間 活動時間 分納月額
(税込)
きらぴかB 小学1~3年 9:45~10:45 60分 5,700円
きらぴかC 小学4~6年 11:00~12:00 60分

〔戻る〕



ソーシャルスキルトレーニング(SST)クラス

SSTクラス「ステップ」

  • 『気持ちの伝え方』『会話のやりとり』『表情の読み取り』『ゲームのルール』など、話し合いやレクリエーション、ロールプレイ、ワークシートなどを交えながら行います。
  • 毎月のテーマを設定し、友だちとのコミュニケーションや場に応じた言動を中心に学びます。グループはテーマに合わせて、その都度編成します。
対 象 小学1~6年
日 時 木曜日 18:00~19:00/月3回
参加費
(税込)
4,600円/月

中高生クラス

  • 「食」をテーマに協力して調理(献立・買い物・片付けを含む)、公共の場に食事に行くプログラムを行います。段取りや手段、金銭管理、TPO(時間・場所・場合)に合わせた方法・態度・祝そう等自立に必要な力を身につけます。
  • 年齢に応じた目標を設定し、年齢や能力に適した役割を通して段階的に力を伸ばします。
  • 運動や簡単なクラフトを通して、YMCA活動のない日も自分の時間を有効に過ごせる手段を身につけます。
  • 学校や職場以外で安心できる場所の提供を目指します。年齢に関わらず友だち同士のコミュニケーションを密にします。
対 象 中学1年~社会人
日 時 おおむね毎月第3日曜日 10:00~15:00
(8月・12月を除く年間10回)
参加費
(税込)
3,500円~/回

※毎回活動日の2週間前に、内容・会場・参加費等を記載した活動案内を郵送いたします。その都度、出欠の返事をYMCAまでおしらせいただき、当日ご参加ください。

                             
<年間スケジュール>
4/16
(日)
春を感じる食材でクッキング
5/21
(日)
食事のメニューを考えて作ってみよう
6/18
(日)
オリジナルハンカチ作りに挑戦
7/16
(日)
キャンプ場でアウトドアクッキング
9/17
(日)
ジャンボおにぎりを作って山歩き
10/15
(日)
協力・挑戦!秋のスポーツ大会
11/19
(日)
秋を体感!海峡ウォークラリー
1/21
(日)
多文化交流!森のアジアンパーティ
2/18
(日)
おもてなし料理のメニューを考えよう&おやつづくり
3/18
(日)
おもてなし料理を作ってYMCAパーティ

〔戻る〕



プログラムについて

 どのプログラムも少人数グループの活動を基本とし、個性やレベルを尊重しながら進めています。友達との関わりや見通しが立てやすいのも少人数だからこそ可能です。また、YMCAでは『居場所作り』を主な目的としています。学校や地域など様々な場面において、自信を持てなかったり、ストレスを抱えがちな子ども達の心の拠り所となるように、苦手なことに挑戦するだけではなく、得意なことを認め、伸ばしていくことで自信をつけることをねらいとしています。

指導について

 YMCAのスタッフを軸に、臨床心理士がアドバイザーとなり、大学生や社会人を中心としたボランティアリーダーがサポートします。お互いに『仲間』という立場で子ども達に寄り添い、一緒に歩んでいきたいと考えています。

プログラムについてのお問い合わせ

Tel 093-531-1587 担当 宮﨑、田中

ページトップ